アップダウンがあるからこそ

「スプレッド」とは外為は外貨をトレードして差益を狙う商取引です。

 

トレードの価格は、常時上下しています。

 

それが為替相場です。

 

インターネットを見ていると通貨の市場の情報が流れることがあります。

 

よくあるのが「ただいまのドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを示しています。

 

すなわち、売買には買値と売値の2つの値段が存在する事を示しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引会社も存在しています。

 

平常時には売値が低い値段になっています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

その差をスプレッドといい、FX会社の儲けのひとつといわれています。

 

スプレッドはFX業者によって違います。

 

スプレッドの広さはあなたにとって手数料になるので、小さい取引会社をセレクトしたほうが有利になります。

 

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドは変わります。

 

もし普段はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドとは言っても、市場の変化が大きい場面では1銭よりも広くなったりするのです。

 

そのため、スプレッド幅が狭いのと、変化が小さいのが大切です。

 

変化しないスプレッドの狭さを示すFX取引会社も存在しています。

 

リアルに業者の取引画面の上で実際のマーケットを確かめなければ判別できないのですが、大切な事です。

 

大事なお金を投じて取引をするわけですから、リアルなエントリーの前に、興味を持った業者の新しい口座開設を遠慮せずにして、示されているスプレッドの広さを実感しましょう。

 

同じ通貨でもその時点の相場の条件によって通貨のスプレッドの狭さは異なります。

 

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く、残りのペアではスプレッドの差が広がる事がよくあります。